毎月429円で使える高機能のレンタルサーバー

main-img

さくらのレンタルサーバのスタンダードプランを契約すると、月額515円で容量100GBまで利用できます。



1年間の料金を一括で支払うと月額料金が少し安くなり、429円で利用できるようになります。

初期費用は1029円かかります。

口コミ評判の高いサーバーについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

レンタルサーバーの料金は、クレジットカードや請求書払いのほか、銀行振込や自動口座振替などで支払えます。


クレジットカードと自動口座振替で支払う場合は、手数料が無料になります。


2週間のお試し期間が用意されていて、レンタルサーバーの使い勝手などを確認してから料金を支払えるので安心です。
お試し期間中でもWordPressを利用することができます。
初期ドメイン名は、レンタルサーバーの申し込みをする時に好きなものを登録できます。独自ドメインやサブドメインなどを利用したい時は、申し込み後にコントロールパネルから追加設定することが可能です。

他種類に及ぶAllAbout情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

このレンタルサーバーでは、CRONというスクリプト実行ツールを使用して、指定した日時にプログラムを実行することができます。

マルチドメイン対応で、使用できるドメインは20個までです。メールアドレスの作成数に制限はなく、メーリングリストは10個まで開設可能です。
シェルログインという機能を使えば、UNIXコマンドを利用して遠隔地からサーバーを操作することができます。

EC-CUBEやWordpressだけでなく、concrete5やZOOPSCubeなどのアプリも使用可能です。


アプリをインストールする時は、クイックインストールの機能を利用すると、2分ぐらいで簡単にインストールできるので便利です。

納得の事実

subpage01

レンタルサーバーの契約にあたっては、やはりサポート体制が充実しているかどうかは選ぶ上でのポイントのひとつとして挙げられるところです。こうした体制がしっかりとしているレンタルサーバーであれば、毎日休みなく、経験豊富なエンジニアのスタッフが常駐しており、有人でサーバーのネットワークに異常がないかどうかを監視しているものです。...

more

大人の常識

subpage02

レンタルサーバーのサービスを提供している会社はかなりの数にのぼり、それぞれの会社が他社にはない独自のメリットを宣伝していることから、新たに選ぼうとすると、なかなかひとつには決められずに迷ってしまうものです。こうした場合、まずはレンタルサーバーの無料試用期間を利用して、その機能や操作性を実際にためしてみるのもよいといえます。...

more

技術についての考察

subpage03

本格的にホームページなどを運用するのであれば、レンタルサーバーを借りることが必要となります。以前は高い費用がかかるものでしたが、最近では格安なレンタルサーバーも増加しています。...

more

技術の情報まとめ

subpage04

企業のような立派なホームページを作る場合ではないなら、レンタルサーバーの容量は10ギガほどあれば足ります。個人サイトや個人事業種のホームページであれば、容量はほとんど気にしなくてもいいくらいです。...

more